営業車両へのラッピングは自分達で行うことも可能

カーラッピングに使用するフィルムには自由に貼ったり剥がしたりすることが出来る再剥離性が魅力になっています。営業車両にフィルムを貼り付ければ、営業車両が客先に出向く間での広告宣伝効果、客先の駐車場に営業車両を駐車している間にも広告宣伝効果を期待することが出来ます。但し、カーラッピングフィルムは再剥離性機能があると言っても、何十年もそのままにしておいてきれいに剥がせるわけではありません。一般的には数年程度で再剥離性機能は低下するなどからも、比較的短期間で広告を貼り換えるなどの時に有効と言えましょう。

カーラッピングフィルムにはバブルフリー機能やエアーフリー機能と呼ぶものがあります。どちらも同じ意味を持つ機能ですが、カーラッピングを気軽に行える技術です。大半の専用フィルムは糊面部分に特殊なエアースリットの加工が施されており、エアースリットは空気の逃げ道になるものです。貼り付ける時に空気が入ってしまうと、水膨れのような凹凸が生じてしまい、見た目にもきれいとは言い難い仕上がりになります。

エアースリット加工が保護されているので、水などを使用せずに、乾燥した状態で貼り付けを行うドライ貼りを行った場合でも、空気溜まりが生じることなく施工が出来るメリットを持ちます。また、熱による伸縮があるので、曲面などに貼り付ける時も伸ばしながらフィッティングさせることが出来るようになるため、カーラッピングフィルムを購入して自分達で営業車両に貼り付けることも可能になるわけです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*