配送を兼ねた営業車にはラッピング広告が有効

毎日のように得意先を回る営業車には、車体にラッピングが施されたものがあります。一般的には営業車と言うと白いバンや乗用車をイメージしますが、一目でその会社の車とわかるようになっています。例えば個人商店など、比較的小さな得意先が多数存在する業種の場合、ラッピングされた営業車は意外な広告ツールになります。毎日のように特定の地域を走り回っていると、生活の中で営業車を見る頻度が多くなります。

そこで個性的なラッピングによって社名やイメージカラー、ロゴなどが印象付けられれば、新たな仕入れ先を探すときにもチェックをして貰うことができるはずです。但しラッピング車両を使用する際には留意しておくこともあります。それは何をするにしても目立つことです。白い普通の車であれば他の会社の車と区別が付きませんが、独特の外装をしていることで、あの会社だと簡単に判別することができます。

つまり運転マナーや駐車時のモラルなどが厳しく問われることになるのです。ちょっとした休憩や得意先の訪問時にも気を配る必要があるでしょう。思ってもみないところで見られています。実際にラッピング車両を作るときは、そのデザインが非常に重要になります。

ただ派手派手しいだけのものでは会社に良い印象を持たせることはできません。社名や提供しているサービスをきっちりと伝えつつ、落ち着きのあるものが有効です。業者に依頼することでデザインも洗練され、効果の高い車両を作ることができます。立体駐車場のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*