営業車両に使うラッピングの特性を把握しましょう

営業車両を何十台も利用している企業にとって、営業車両を移動だけでなく広告宣伝にも活用したいと考えるケースは多いのではないでしょうか。広告宣伝に利用するためには、車両に塗装を施して広告を記せば良いわけですが、掲載するものは一定期間だけなどの場合、その都度塗り替えが必要になって来ます。塗装で何度も塗り替えを行うと、以前の塗装がきれいに剥がれていないなど、見た目にもよろしくありません。さらに、営業車両はリース契約で導入するケースが多いなどからも塗装が出来ないこともあります。

その点、ラッピングは再剥離性能があるので、定期的に広告を変えたい時などでも便利ですし、直接塗料を使うのとは異なり、ラッピングフィルムをボディに貼り付ける形で使うなどからも、営業車両自体を汚すこともないわけです。ラッピングフィルムは色々なメーカーが商品化をしていますが、対抗性が高いのが特徴です。雨や紫外線などによる劣化が少ないため、長期間きれいな状態を維持させることが可能です。また、再剥離性があるフィルムですから、広告を変えたい時には既存のフィルムを剥がして次の広告に交換することも出来るメリットを持ちます。

但し、一度貼れば何十年も自由に貼り換えが出来るわけではなく、営業車両の使用環境や元々の車両状態などに応じて、数カ月程度で剥離が難しくなることもあるなどの注意点があります。ラッピングの施工においてはメーカーの注意事項をよく読んでおいてから行うことをお勧めします。自走式立体駐車場のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*