ラッピングを営業車両に行うメリットについて

外回りの時に利用する会社の車を営業車両などと言います。荷物を載せることが多い場合には、ステーションワゴンやワンボックスなどのように、比較的車体が大きな車を営業車両として利用されるケースも多いのではないでしょうか。車体が大きな車の場合、外装部分の面積も広くなる、こうした面積の有効活用としてラッピングを施すことで会社のアピールが出来るようになりますし、広告などをラッピングしておけば知名度を高める効果もあります。ラッピングは特殊なフィルムにデザインを施し、それを車の外装部分に貼り付けるものです。

塗装とは異なり剥がせるので定期的に広告を変えて宣伝をしたい時にも便利ですし、営業車両は基本的にリース契約で運用する形が多いため、塗装が出来ない時でも便利な手法と言えましょう。また、リース契約以外にもスポット利用で使うレンタカーの時にも予めレンタカー会社にラッピングの許可を得ておけば、車両を返す時にはきれいに剥がせるため安心して車を借りることが出来ます。簡単に剥がせると聞くと、耐久性に問題があるのではないか、雨が降った時に剥がれてしまい、汚れたり見た目にも悪くなるイメージを持つ人も多いと言えましょう。営業車両に施すラッピングも他の車両に行うものも、フィルムの進化により耐久性に優れているのが特徴です。

太陽の光や紫外線などによる対候性が高い、雨や洗車などの耐水性に優れているなどからも、途中で剥がれてしまうなどが起こりにくいので安心です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*