ラッピングをした配送車両は企業のブランディング

配送車のラッピングが効果があるってご存知ですか。配送車両は、常に街中を走り回っていて目立ちます。人の目を気にしながら運転することにつながります。経費面でも、購入時にラッピングしておくと、最初の費用だけで広告費用が掛からないのも大きなメリットになります。

企業には、ブランディングが必要だとよく言われます。ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく戦略です。極端なことを言えば、プロモーションの費用削減が必要だに繋がりますます負のスパイラルに陥ります。ブランディングをプロモーションだと考えなければいいのです。

つまり配送車にラッピングして企業のイメージを高めることは可能です。地域密着で配送車両が多い企業においては走ることがブランディングになります。大型車両は、ラッピングできる範囲が広いのでその効果がおおきくなります。新規にお取引するお客様だけではありません。

お得意さんにきれいな車両で伺うだけで社員の注目をひいて取引関係が良くなります。さらなる市場開拓ができるかもしれません。ラッピングカーは、目立ちますから運転する人も会社の代表であることを認識することにつながります。自然とドライバーの安全意識は向上して、慎重運転に努めます。

その結果運転マナーの向上が図れるとともに交通事故の低下をもたらすことになります。納品後のメンテナンス費用も基本的にはかかりませんからお得な宣伝媒体になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*