配送車をラッピングすることで

世の中にはさまざまな広告媒体が存在しており、テレビやラジオ、インターネットといったものから看板や新聞、雑誌まで至る所で見かける身近なものでもあります。そんな広告ですが、最近では自動車や電車、航空機などの車体ボディを利用したものも登場しており、乗り物だと他の広告媒体よりもサイズも大きくて目立つため、注目も集めやすいとして増加傾向にあります。もっとも乗り物といっても、航空機や電車は移動先が限られるため、宣伝効果も当然ながらそこまで広範囲というわけではありません。それと比較すると自動車は自由にどこへでも条件や目的に合わせて移動可能なので効率的ではあります。

それゆえに街中や駅前、イベント会場付近などの人が多く集まる場所でよく見かけますが、同じ自動車でも配送車の場合、走行する場所は街中も利用しますが、高速道路などがメインとなります。そうなると高速道路ではさほど人もいないので目に入らずに意味がないと思われがちですが、実際には高速道路は景色も単調ですし、渋滞もよくあります。それゆえにラッピングを施した配送車とすれ違ったなら、鮮やかかつ目立つ広告に思わず目を向けてしまうこともよくあります。なのでたんに街中を走行するラッピングカーよりも、配送車にラッピングを施した方が効率的な可能性も高い傾向にあります。

また配送車は走行距離も長いので、それだけ多くの人の目に入りますし、それでいて基本的には配送のために走行しており、それに加えて宣伝効果も担えるので、まさに一石二鳥といったメリットがあります。立体駐車場のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*