配送車にラッピング広告

企業は利益があって成り立っていくことがほとんどです。企業努力という言葉があるように利益をあげるため様々なことが行われます。利益の増減に大きく関係しているものといえば経費などの支出です。支出を削減すれば同じ売上があっても利益は大きくなります。

ところで支出にも色々なものありますが、例えば広告費もそのうちの一つです。広告は時に売上を大きく伸ばしますが、全く効果がないことも無きにしも非ずです。広告には色々な方法があります。例えばテレビのコマーシャルはその代表的なものです。

ですが、コマーシャルを制作するのにも、流してもらうのにもかなりのお金がかかるので、体力のある企業向けとも言えます。それに数十秒程しか流されませんし、視聴者はコマーシャルの間にトイレへ行ったり、チャンネルを切り替えてしまうなど、じっくり見てもらえないケースも多々あります。さて他にも沢山ありますが、一風変わったものもあります。例えばラッピング広告です。

これは公共交通機関などの乗り物の車体に広告を印刷したラッピングフィルムを貼り付ける方法です。大きなものでは飛行機やフェリー、そして身近な所では、鉄道やバスなどがあります。これを施すといつもと違うデザインに何だろうと興味を示すことも多いと思います。ラッピングは公共交通機関だけでなく、例えば企業が保有している営業車や配送車にも施すことが可能です。

配送車だと何かを配達するために毎日走っていることも多いですから、走った分だけ宣伝になります。配送車の荷台の部分に大きく目立つようにラッピング広告を施せば見る人も多いのではないでしょうか。冒頭に書いたように広告費などの支出は利益に響いてきますので、最適なものを選んだ方がいいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*