通常業務とPR活動を両立できる配送車両のラッピング

商品を運ぶ配送車両には、ラッピングを施すのがおすすめです。自社の名前やロゴマークはもちろん、可愛らしいマスコットキャラクターのイラストや画像を車体に貼り付けることにより、通常業務で商品を運びながら自社のPRも同時に行うことができます。ただ走らせるだけよりも通常業務とPR活動の効率が上がるので、車両を所有しているならPRになるデザインを車体に貼り付けましょう。自社の車両に企業名やロゴマークを入れるときに、今まで一般的だったのは塗装です。

専用のインクを使い直接車体に描くことによって、PRになる車両が完成しました。しかし近年は特殊なフィルムを配送車両にラッピングする手法が一般的になり、塗装と使い分けられるようになっています。塗装よりラッピングが配送車両に向いている状況としては、デザインの自由度を上げたいときです。フィルムにはインクジェットプリンタで印刷可能で、デザインのデータは一般的なイラストソフトを使い作成できるので、塗装では難しい写真や本物の画像を使いたいときには向いています。

ただし配送車両に施せるラッピングは3年程度が寿命といわれているので、それ以上使いたいときには塗装の方が向いています。配送車両のラッピングにはこまめに張替えデザインを変えられるメリットもありますが、長く使いたいときには向いていません。それぞれの特徴を理解しながら、PR活動を効率的に行い企業の知名度を上げましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*