デザインの自由度アップ!配送車両のカーラッピング

カーラッピングは配送車両などにロゴを入れたり、企業やその商品やサービスなどの情報をラッピングシートに印刷して利用することで広告宣伝効果が得られるといったメリットがあります。例えば、荷物を運ぶトラックなどの配送車両にラッピングシートを貼りつけると、外観のイメージを変えることができます。このようなラッピングシートは、表面が塩化ビニールでできたシートなどが用いられており、大きなプリンター機械でそのシートに印刷することで、デザインをラッピングシートに印刷することができます。こうした時に用いられるシートは特殊な加工がなされており、裏面がシール状に加工されており、このシールによって車両に貼りつけをすることができるようになっています。

もともとは無地の白ィシートになっているため、好きな色や絵柄、デザインを自由に印刷することができるのです。このシートはロール状になっており、巨大プリンターにセットして印刷していくのです。そして、印刷後はラミネート加工され、防水効果などを高めたり、耐久性を高められるよう加工していきます。ラミネート加工では、塩化ビニールシートの印刷面に透明な塩化ビニールシートを貼りつけることで、シートの強度を上げたり、物理的なダメージから印刷面などを保護することができます。

そのため、配送車両に塩化ビニールシートを貼りつけることで、車の外側を傷などから守ってくれるといったメリットがえられます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*