ラッピングは配送車両にも最適です

配送車両は自動車関連の中でも広告を記すことができる面積が広い車ではないでしょうか。2トンや4トンなどのトラックになると、その面積は広く、両側に同じような広告を記しておけば、遠くからでも内容を把握できますし、面積が広いため、より大きな広告を掲載することもできます。しかし、こうした車両は常に業務の中で利用し続けるものですから広告を掲載する、数日間施工業者に預けることは決して容易なことではありません。会社のアピールなどでロゴマークやブランド名などを掲載する、これを長期間そのままの状態で使いたい時には、利用していない時を狙って専門業者に施工を依頼する計画を立てることはできます。

しかし、半年や1年毎に内容を変えたい時には保有台数が多い会社ならまだしも、台数が少ない会社にとっては配送業務がストップしてしまうデメリットもあります。ラッピングのことをご存知の人は多いかと思われますが、ラッピングはボディにシートを貼り付けるだけで済む、広告を入れ替える時には既存のシートを剥がす、表面をきれいに洗浄および乾燥させた後に、新しいシートを貼り付けるだけで済みます。ラッピングのシートは印刷が行われているものですから、10台や20台などのように保有台数が多い企業でもコストを気にすることなく施工ができるメリットもあるわけです。ちなみに、ラッピングには船舶や鉄道、航空機など色々な乗り物にも対応ができる利点を持ちます。

自走式立体駐車場のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*